広告代理店の業務が向いている人。

憧れの仕事として挙げられることの多い「広告代理店」での仕事。

では、広告代理店で働くことが向いている人とは、どのような人なのでしょうか。

●コミュニケーション能力

最も大事なことが、このコミュニケーション能力であると言われています。

形のない”イメージ”を形にしていくのが、広告代理店の仕事です。

相手の持っているイメージを具現化するために、さまざまなコミュニケーション能力を駆使していろいろな角度からアプローチをしなければなりません。

また、打ち合わせの時にコミュニケーションがスムーズに行われれば、より質の高い広告が完成します。

●アイディアが豊富

広告は今まで見たことのあるようなものではエンドユーザーに印象付けることができません。

斬新なアイディアを打ち出せるだけの”脳の引き出し”が必要です。

●多角度から物事を見ることができる

たとえば立方体を面の集合体としてのみとらえるのではなく、角、線、点といったあらゆる視点から観察できる能力も必要です。

つまり、ひとつの物事をいろいろな視点で見ることができるだけの頭の柔軟さも大事になります。

●自分の考えを的確な言葉で表現できる

イメージを形にしていく中で、頭の中に出来上がっている完成図をいかに相手に上手に伝えるか、それは語彙力の高さになります。

Leave a Reply

You can use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>